復興予算19兆円の行方

現実問題として

大雪りばぁねっと。の事を含めて考えてみると、どうしても復興予算を無駄遣いしているのではないだろうかと疑問に思っている人も多いだろう。震災時に街中でよく見かけられた募金活動の中にも、震災を名目に搾取した事件が起きたほど、当時の状況を利用しようとする人は山ほど存在していた事は言うまでもない。ちなみに、筆者が先ほど話した駅前で何処の団体かも分からない募金協力をしていた人間は数日といないで姿を消していた。ただ実際何処が詐欺行為をしているかなど把握することは出来ない、その見分けが付けられたなら苦労に越したことはないが、もはや巧みといわんばかりに法律の包囲網を潜り抜けつつ、様々な勢力が被災地での活動をきっかけに利権摂取に躍起になっている。

そうした活動を政府が助長していると取られるような予算の引き上げを繰り返していたことは、もはや誰が言うまでもなく分かりきっていることだ。正しく使用されているところもあるかもしれない、だがそうした恩恵を受けることが出来るのもほんの一部の人間だけだ。大半の地域ではいまだに進まずにいる復興計画を憤り、政治の進まぬ議論にやきもきしていることだろう。そのことに関しては先述で紹介した復興状況が指し占めている内容で理解出来る。瓦礫の撤去こそ進行しているのはいい、だがその一歩先となる住宅や道路、そして水道関係といったライフラインがいまだどの項目も100%整備されていないというのは、どうなのだろうか。放射能の汚染濃度が酷い地域は確かに無理だとしても、それ以外の復興は滞りなく勧めていれば間違いなく大半の避難者がそれまでの生活と変わりない日常を過ごしていけたはずだ。りばぁねっとのような実態もつかめていない団体を、容易に信用するなど町の対応にも問題はある、だがそれ以上に節電などを名目にして、消費税率を上げて生活を圧迫しながら集めた税金の一部が、キチンと復興のために利用されているのかと疑惑しか出てこない。

ここからはそんな復興予算として集めた資金が、どのように流れているのかを少し追っていこう。

恒例、責任転嫁合戦

では復興予算として我々の血税はどのように浪費されているのかを、あまり知りたくはないがみてみようと思う。というより、これまでの日本の政治を見てきて税金がまともな方向性を持って利用されていない事は、誰もが理解していることと思う。おまけに昨今の情報化社会に伴って、真偽はともかくとしても税金はこのように流用されているといったゴシップネタはネットの世界では溢れかえっている。そのすべてを信用するのはさすがに無理はあるが、疑問を解消する術がない以上は真実の1つとしてその糸を手繰り寄せるしかない。だがそれをきっかけにして見ると、そのネタに関して否定的な意見が見られるなどの傾向もあるため、何を信じれば言いのか分からないという風に感じるところもある。だがそれも実際に政治家達の答弁を見れば、自分たちが今までしてきたことは間違っていなかったと肯定している姿勢のほか、そもそも責任の所在は他にあるといった旨の発言もしている。

その例として、2012年10月に行われた国会においてかつて民主党政権において官房長官としてその姿勢を貫き通した『枝野幸男』氏が発言した台詞は、政治家としての姿勢を考えた際にあるまじき言葉を放っている。

『ミソもクソも一緒にした議論は止めていただきたい。 地域の復興計画が立たないなど様々な事情から被災地で予算を執行できていないことと、被災地以外に予算が使われている事は、理由も原因も全然別の話だ』

これはそれまでに莫大な復興予算が組まれていたにも関わらず、いまだに不足しているとのことを自民党からの指摘を受けたことによって言った内容となっている。どう捉えるかは人によりけりだが、一概に言って復興予算が、まるで関係のない事業に注ぎ込まれていることを遠まわしに認めていることを表している。恐らく無意識だったのかもしれないが、これによって復興予算とは何なのかと、その存在意義さえ疑問に思わなくてはならない。

事実、2014年現在までに被災地復興として積み上げられた予算は総額にして、なんと19兆円と言われている。もはやどの程度のものなのかはどんな資産家でも想像することは難しいだろう。もしもこうした予算がキチンと使われていれば、今頃被災地でいまだまともな生活を過ごすことが出来ていない人々も状況が大いに変わっていたことはずだ。そう考えるのだが、こうした予算は実のところ利用することは出来ないことになっている。

予算は簡単に利用できない

予算は簡単に認められるモノではないのは言うまでもない、それは復興を目的にしているものにしてもだ。財政当局の厳しい審査を潜り抜けなくてはならない、残念ながら審査内容に関しては公開されていないためはっきりとは言えないが、決して簡単に支給されるモノではない。被災地となった市町村でもそうした交付金を獲得するためにどれ程の苦労を重ねてようやく、といった事を考えると到底その大半を食いつぶしている人間は許しがたいところでもある。だが現実問題として、大半の予算がまともな使い方をされていないことは何となく理解しているはずだ。

予算が上手く活用されていない事実に関して、中にはそもそも予算を上手く活用しきれていないのは被災地にも問題があるからだとする声が上がったこともある。遺憾だが、それは認めなくてはならない。実際に山田町の例を取ってみても大雪りばぁねっとの実態を調査することもなく、ただ人柄に惚れたからと言う理由だけで町役場の参与として迎え入れたというありえない展開は通常ありえないことだ。管理不足と捉えられても責任は逃れられない、だが自治体だけの責任だけではなく予算を組み立てている政府に問題がある事は目をそらしてはいけない。

心をひとつに!つながろう日本!

初めてお部屋探しをされる方は、「どんな条件があるの?」と疑問をもたれることも多いことでしょう。浜松 賃貸そこで賃貸ハウスでは、具体的にどういった条件があるのかをリストアップしてみました。

マッサージをする、その目的に身体を癒やすとしている人が断然多いと思います。 当院では福岡市 整体にて原因を特定、症状の改善を目指していきます。 驚きの効果を是非一度実感してみてください!

東日本大震災から見る復興支援の実態